gittokLogo
English


Version 0.4.1, updated 2017-05-22

wordCloud
News Download Videos & Tutorials Samples Awards Articles
Presentations Papers Refereed papers Books Java application Related links


News

International Journal of Cartography に論文掲載!(2017-05-15)
太田による査読付き論文が,国際地図学会の学術誌のオンライン版に掲載されました.
Ota, Morishige. "Conceptual Modeling and its implementation in an education assistance software tool for geographic information technology, International Journal of Cartography, Taylor & Francis, ahead-of-print (2017): 1-25. DOI: 10.1080/23729333.2017.1308693
この論文では,地理データと地理情報の間にある溝(幾何属性を含まない地理データ,地図以外の地理情報など)について議論し,それを埋める仕組みの一つとして「リスト」があることを,述べています.ここでいうリストは,例えば,地名辞典やガイドブックのようなものですが,このような地理情報の表現ルールについては,なぜか,あまり議論されていないように思われます.興味のある方は,読んでみてください.

GITEC初級第3回の受付開始!(2017-03-19)
2017年5月24日から26日まで,GITEC(初級/第3回)を開催します。会場は,東京市ヶ谷の国際航業市ヶ谷ビルです。申し込み用のサイトをご覧いただき,ぜひ,参加をご検討ください。なお次回の中級は,秋以降に開催します。参加を検討している皆さんは,もうしばらく,お待ちください.

日本地図学会論文賞を受賞!(2017-02-18)
学会誌に掲載された論文『拡張型の一般描画モデルを適用した地理情報表現』が,日本地図学会から,論文賞をいただきました.

GITEC中級第1回を実施しました (2016-12-07)
12月1日と2日に、地理空間情報技術講座 (GITEC) の中級を実施しました。中級は初級の試験を合格した方が参加資格を持ちますので,公開講座ではありません.14人の方々が参加しました.GITEC は一般的なものとは異なり ,すぐ役立つようなソフトやノウハウを紹介したり,練習したりするものではなく,ツールを供給する人たちに役立つ知識を追求します.幸いアンケートの結果を見ると ,今回も多くの参加者が,次回を期待してくださっています。会場をお貸しくださっている武蔵野美術大学をはじめ、ご支持下さる皆様に、感謝します。

G空間エキスポ 2016 の講演シンポジウムで発表します (2016-11-16)
来る11月25日の午前10時から、国土地理院が主催するシンポジウム「地理空間情報の国際展開に向けて」において、太田守重が地理情報標準の国際動向と我が国の取り組みに関する発表を行い、パネルディスカッションにも参加します.詳細についてはパンフレットをご覧ください.皆様のお越しをお待ちしています.

第2回GITEC (初級)を開催しました.(2016-08-27)
GISA(地理情報システム学会)のGISCA(GIS資格認定協会)が主催して,第2回GITECを2016年8月19日から21日まで3日間21時間にわたり,武蔵野美術大学新宿サテライトで開催しました.参加者からは「サービスやデータの提供者を対象にした講習が少ないので,助かります」,「有意義で濃密な時間を過ごすことができました」といった感想をいただきました.また,次の段階の講座にも参加したいという声が多く聞かれました.中級講座については,具体的な内容が決まったところで,参加資格を持っている方々にご連絡します.

地図学会誌に論文掲載!(2016-07-15)
太田による『拡張型の一般描画モデルを適用した地理情報表現』という表題の査読付き論文(地図学会では論説という)が,日本地図学会発行の学術誌, 『地図』 Vol.54, No.2, pp.1-16, 2016に掲載されました.この論文では,地理情報表現のための拡張型一般描画モデルとして,描画スキーマ及びリストスキーマのためのルールを提案し,それをgittokに実装して,このルールに基づく地理情報表現が可能であることを示しました.さらに,地理情報技術の深層構造と表層構造の整合性向上を目指し,一般地物モデルとの連携性を確保する提案を行っています.

第2回GITEC(初級)の受付開始!
2016年8月19日から21日まで,第2回のGITEC(初級)を開催します。会場は再び,東京新宿の武蔵野美術大学新宿サテライトです。申し込み用のサイトをご覧いただき,ぜひ,参加をご検討ください。なお中級は,参加する方の人数を考慮し,秋以降に開催することにしました。参加を検討している皆さんは,もうしばらく,お待ちください.

第1回地理空間情報技術講座 (GITEC) を開催しました.
地理情報システム学会のGIS資格認定協会 (GISCA)が主催する3日間のワークショップを2016年1月8日から10日まで3日間21時間にわたり,武蔵野美術大学新宿サテライトで開催しました.下の写真は,応用スキーマ演習でグループごとに作成したクラス図を,ホワイトボードに記入しているところ,そして,人気投票のための審査をしているところです.講師はGISCAの実力向上担当幹事として,太田守重(国際航業)が務めました。

JudgeD

次回は半年後ぐらいに行い,合わせて,今回事後テストに合格された方々(21名)を対象に,より深い内容のコースを開催する予定です.

GISCA特別セッションでGITECの説明が行われました.
2015年10月10-11日に慶応大学三田キャンパスで開かれた,GIS学会の第24回学術研究発表大会に併設して実施された,GISCA特別セッションにおいて,地理空間情報技術講座 (GITEC) の説明が行われました.参加者の多くはGIS上級技術者資格 (GISE) をもった方々でしたが,講座に参加することが,資格の更新に役立つと同時に,自らの実力を向上させる機会になると,とらえてくださったようです.

SDI-Open 2015で発表しました
国際地図学会の総会 (International Conference and General Assembly of Cartography) がリオデジャネイロでありましたが,太田は,総会の前の週の金曜日(8月21日)に行われたプレコンファレンス SDI Open 2015でgittok に関する口頭発表(タイトル:gittok における概念データモデリング)を行いました.このコンファレンスの正式名称は「空間データ基盤,標準,オープンソース及び地理空間オープンデータに関するワークショップ」です.主催者の一つであるSDIと標準化に関するコミッションの中で標準化の研究が行われ,それが1994年にスタートしたISO/TC 211につながったことは,日本ではあまり知られていないことかもしれません.予稿集はここからダウンロードできます.太田が使用したスライドはここからダウンロードできます.

Download

gittok は,大学生や企業の技術者を対象とした,地理情報標準を基礎とする地理空間情報技術 (GIT) の学習を支援するソフトウェアです.必ずしも.地理情報標準に準拠するものではありませんが,このソフトを使ってGITの学習を行うことによって,その全体像を俯瞰できるようになると同時に,地理情報標準がどのような意味をもち,何を示しているか,概観することができるようになるでしょう.

gittok は上にあるロゴマークの上にカーソルを移動してクリックするとダウンロードすることができます.このソフトは Mac OS X または,Windows で作動するはずですが,Adobe の Air アプリケーションなので,もし自分のパソコンに Adobe Air がインストールされていない場合は,前もってインストールしておいて下さい.

Mac でインストールしようとして,エラーメッセージが出たときは,環境設定「セキュリティーとプライバシー」の「一般」パネルで,「どこからでもアプリケーションをダウンロードできるように設定する」を選択して下さい.ただし,インストールがうまく行った後,設定をもとに戻しておくことをお勧めします.

このホームページ及びここに含まれている内容は,ソフトウェアも含めて,事前にお知らせすることなく変更することがあります.

このソフトの著者(太田守重)は,gittok のコードについては, GNU Public License (GPL) Version 3 ,テキストとスライドについては,Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unportedのもとで,オープンソースのフリーソフトとしてリリースしています.

creativeCommons

github

FAQ

Videos

[1] gittok の紹介
gittokを紹介するプロモーションビデオです.

Tutorials

[1] はじめての gittok
gittokを使って地理空間情報技術を学ぶ人は,最初にこの演習をするといいでしょう.ファイルをダウンロードして解凍すると,チュートリアルと演習用のフォルダーがありますので,チュートリアルを読みながら体験して見て下さい.
[2] GITEC初級用スライド(pdf)
gitec初級で使用するスライドがここからダウンロードできます.

Samples

GITEC 用の演習教材
[0] 経路案内の実験
[1] 演習用教材

Awards

2014 地理情報システム学会 GIS学会賞(ソフトウェア・データ部門)
2014 国土地理院 電子国土賞(PC部門)
2017 日本地図学会 論文賞

Articles

[1] 太田守重,チカラのある地図をつくるには
GIS Next, ネクストパブリッシング Vol. 50, 2015.1. pp.106-107
[2] 太田守重,地理空間情報技術の学習のためのソフトウェア開発
測量, 日本測量協会, 2015.4, pp.14-17
[3] 太田守重,地理情報の標準化と観光分野への応用可能性
ITUジャーナル,日本ITU協会,Vol.47, No.6, 2017.6, pp.23-26

Presentations

[1] Ota, M., Package for Learning Fundamental Knowledge on Geospatial Technology.
Geospatial World Forum 2013, Rotterdam, The Netherlands, 13-16/May/2013
[2] Ota., M., Development of an Education Assistance Tool on Geospatial Information Technology,
The ninth European GIS Education Symposium (EUGISES) 2014, Cork, Ireland, 4-7, September, 2014
[3] Ota, M., Plews, R., Development of a Software Tool for Teaching Basic Concepts of Geospatial Standards, AutoCarto 2014, Pittsburgh, USA, 5-7/October/2014
[4]太田守重,地理情報技術の入門教育のための教育支援ツール“gittok”.公開シンポジウム『空間的思考の能力開発』東京大学本郷キャンパス,Tokyo, Japan, March 29, 2014
[5] 太田守重,地理空間情報の国際標準化の動向, 講演シンポジウム『地理空間情報の国際展開に向けて』主催:国土地理院.G空間Expo 2016, 日本科学未来館,November, 15, 2016

Papers

[1] Ota, M., Software Tool Development for Higher Education on Geospatial Technology. Eurpoean GIS Education Seminar 2012, Leuven, Belgium, 6-9/September/2012
[2] Ota, M., Portrayal Capability in the Geospatial Information Technology Tool Kit (gittok). The International Symposium on Cartography in Internet and Ubiquitous Environment (CIU 2015), 17-19, March, 2015
[3] Ota, M., Conceptual data modeling in geospatial information technology tool kit (gittok),
Proceedings of a pre-conference workshop of the 27th International Cartographic Conference:
Spatial data infrastructures, standards, open source and open data for geospatial (SDI-Open 2015), 20-21 August 2015, Brazilian Institute of Geography and Statistics (IBGE), Rio de Janeiro, Brazil, ISBN 978-1-77592-117-2
[4] 太田守重, GIT教育支援ツール (gittok) の開発. 地理情報システム学会第22回学術研究発表大会, Tokyo, Japan, October 26-27, 2013
[5] 太田守重,地理空間情報技術の学習支援ソフトウェアへの描画スキーマの実装.地理情報システム学会第23回学術研究発表会,Nagoya, Japan, November 7-8, 2014
[6] 太田守重,地理データへの時間属性組み入れの構想.地理情報システム学会第25回学術研究発表会,Tokyo, Japan, October 15-16, 2016

Refereed Papers

[E01] Ota, Morishige, and Plews, Reese. "Development of a software tool as an introduction to Geospatial Information Technology based on geospatial standards." Cartography and Geographic Information Science, Taylor & Francis, ahead-of-print (2015): 1-16. DOI: 10.1080/15230406.2015.1031701
[E02] Ota, Morishige. "Conceptual Modeling and its implementation in an education assistance software tool for geographic information technology, International Journal of Cartography, Taylor & Francis, ahead-of-print (2017): 1-25. DOI: 10.1080/23729333.2017.1308693
[J01] 太田守重, 地理空間情報技術の学習支援ツールの設計と開発, GIS-理論と応用, 地理情報システム学会, Vol. 22, No.2, pp.13-23, 2014
[J02] 太田守重, 拡張型の一般描画モデルを適用した地理情報表現, 地図, 日本地図学会, Vol.54, No.2, pp.1-16, 2016

Books

[1] 太田守重, 『地理情報科学』第4章空間事象のモデル化と形式化,第27章空間データの流通と共用.古今書院, 2015年3月31日発行,

Java application

[1] 菅野敏朗, 久保田光一. 地理情報システムにおけるアプリケーションスキーマ作成支援ツール. 情報処理学会第75回全国大会予稿集(3M-7), Vol.1,pp.431--432, 2013

地理情報システム学会
GIS上級技術者認定制度(GIS資格認定協会)
地理情報標準認定資格制度(日本測量調査技術協会)

問い合わせ
address